BD セルソーター FACSseq

BD

お見積商品 お見積商品 通常価格

→お気軽にご依頼ください

製品名 構成
BD FACSseq セルソーター
1レーザー2カラータイプ
660600
搭載レーザー数:1
蛍光検出用PMT数:3
温度コントロールオプション(BD FACSseq用)
660656
エアロゾルマネジメントオプション(AMO)
656060

※研究用です。治療・診断には利用できません。


【特徴】

シングルセルゲノミクスのためのセルソーター

ゲノム解析に必要な何百、ときには何千もの細胞を、最高の精度と収率で迅速かつ容易にシングルセル化します。

新しいBD FACSseqTMセルソーターは、フローサイトメトリーを前例のない簡便さと妥当な費用でゲノミクスに活用できるメリットをもたらします。
この新たなプラットフォームは、研究者が個別の細胞をターゲットとし、死細胞と死に行く細胞をすみやかに除去し、下流のゲノム解析のワーフクローの準備としてターゲット細胞をPCR分析プレートに分離することを可能にします。
BD FACSTMセルソーターは短時間で簡単にセットアップでき、96ウェルのPCR分析プレートにシングルセルを最短30秒でソーティングできます。
サンプルの装填および細胞回収の容器は温度管理が可能で、細胞の機能を維持することが可能です。

このシステムはタッチスクリーンのインターフェースを備えており、異種細胞が含まれたサンプルからターゲット細胞を容易に選別できます。
BD FACSseqTMセルソーターは生細胞/死細胞の状態、細胞周期の状態、レポーター遺伝子の発現および/または細胞の表面マーカーに基づいて細胞を識別することができます。

次世代のゲノミクスのための次世代フローサイトメトリー

ゲノミクスにおける最近の進歩、とくに次世代シーケンシング(NGS)は、より詳細な情報を前例のないスピードで提供します。
研究者は、BD FACSseqTMセルソーターを使ってサンプル細胞の異質性をシングルセルレベルで研究することで研究の最前線に立つことができます。
遺伝子解析のためにシングルセルの迅速単離を首尾よく実施することは、多様な解析研究において意味のある結果を得るために不可欠な要件となってきています。

BD FACSseqTMセルソーターは下記を念頭に置いて設計されています。

  • 細胞の大きさ、生細胞と死細胞の識別、細胞周期の状態および細胞の表面マーカーなどに基づいた、シングルセルの容易な同定と単離
  • 細胞の生存率を保ち、可能な限り高い収率と純度で細胞をソーティングする能力

細胞回収のために複数種類のチューブ、プレートが使用可能
1.5mLおよび2.0mLのマイクロ遠心分離チューブ、8連PCRチューブ、48,96および384ウェルのPCRプレートならびに平底のプレートが使用可能。

便利なサンプルローディング機構
細胞浮遊液は12×75mmのポリプロピレンチューブ(最大容量4.5mL)からBD FACSseqTMセルソーターにローディングされる。
推奨する最小のサンプル容量は0.2mL、サンプルラインのデッドボリュームは約26μLで、自動ソートモニタリング機構によって無人ソーティングが可能。
サンプル撹拌も搭載している。

ゲノミクスにおけるシングルセル選別のための選択肢

このシステムの中核となるのは、フローセルです。
フローセルにおいて、サンプル細胞は絞り込まれた流路へと導かれ、個々の細胞がレーザー光を通過して細胞の表面または細胞内の蛍光染色に基づいて蛍光を発します。
蛍光は集光、検出されて、個々の細胞が解析対象としてソーティングされるべきかどうかが決定されます。

ソーティングは迅速に行われ、最大で毎秒7,000個の細胞をソーティングすることができます。
BD FACSseqTMセルソーターは細胞をチューブに、また96ウェルまたは384ウェルのPCRプレートにも集めることができます。
タッチスクリーンから細胞の選別とソーティングに必要な4つのパラメータを選ぶことができます。
パラメータの1つは細胞のサイズ(1~20μ)の識別に、残りの3つのパラメータは細胞の属性の識別に利用できます。

アプリケーション 検出方法 BDきっとおよび試薬
シングルセル 散乱光 装置がパラメータを自動的に測定
核染色、細胞周期 Hoechst 34580、DAPI TBA、BD番号:564907
細胞生存率 Propidium lodide(PI) BD番号:56463
表現型マーカー 細胞の蛍光標識 BD Horizon Brilliant Violet 421
BD Horizon Brilliant Violet 650
BD Horizon Brilliant Violet 786
レポーター遺伝子の発現 TagBFP N.A.

交換可能な流路系
ノズルアセンブリーとサンプルラインを含む流路系は交換可能である。
サンプルチューブが空のときはセンサーがこれを感知し、サンプルの流れを止め、気泡がノズルアセンブリーまで達するのを防ぐ。

常に正確な結果を提供するBD FACSseqTMセルソーターとBDTMPreciseアッセイ

シングルセルの遺伝子発現解析
BD FACSseqTMセルソーターとBDTMPreciseアッセイの組み合わせは、シングルセルの調製から遺伝子発現解析のための次世代シーケンシングに至るまでの簡便なワークフローを提供します。

BDは、転写物の分子数の完全な直接算定が可能なRNA-seqプラットフォームを提供します。
BD FACSseqTMセルソーターを使用し、研究者はシングルセルを用いた遺伝子発現ワークフローを開始することができます。
さらに、BDTMPreciseアッセイを加えることにより、遺伝子発現について、mRNAのコピー数をシングルセルレベルで簡単に測定することが可能になります。

プライマー/アッセイのデザインは、主要な次世代シーケンサーにおけるシーケンシング用に最適化されたオールインワンの増幅とライブラリ制作により、信頼できる再現可能な結果を提供します。
アッセイは以下の4ステップで構成されています。

  1. BD FACSseqTMセルソーターを用いたシングルセルの単離
  2. 細胞をソーティングしたプレート上で逆転写酵素反応を行い、サンプルを1本のチューブに集める
  3. 1本のチューブ内で、標識された解析対象のサンプルを最大384個まで処理
  4. わずかな時間でライブラリの作製を完了-特別な機器を用いず、基本的な分子生物学的手法で、サンプルを次世代シーケンシングにかける準備が整う

研究者は遺伝子発現データに関する新たなレベルの制度を得るため、高品質のシングルセルサンプルを次世代シーケンシングにかける準備を確実に整えながら、
この簡便化されたワークフローを用いて、研究室の生産性を向上させることができます。

革新的な技術により、最短時間での機器設定、より簡単な細胞分離が可能に

全内部反射(total internal reflection:TIR)を利用することで、画期的な自動調整が可能なソートヘッドの開発に成功しました。
これにより、様々な分野の研究者に、コンパクトかつ低コストでの提供が可能になり、交換や洗浄のための取り外しも簡単になりました。

BD FACSseqTMセルソーター独自のTIR技術は、短時間でのセットアップで危機を稼働させる必要がある研究室のための開発された技術です。
従来のソーターでは細胞から放射された光は入射光に対して垂直方向で測定されていました。
そのため、ストリームに対するレーザー及び光学系の最適なアライメントには、レーザーとストリームの両方の手動アライメントを必要としました。
しかしBD FACSseqTMセルソーターは、フローセル内に閉じ込められた放射光を集めるという画期的な方法(TIR)を開発することで、短時間かつ簡便なセットアップを可能にしました。
この放射光は情報に反射して集光レンズで捕捉されます。
ストリームやフローセルを通過する放射光を集める方法に対して、フローセルに閉じ込められた放射光を集める方法には以下のメリットがあります。

  • ソートヘッドによる自動調整
  • 多種類の検体を使用する場合のクロスコンタミネーションの懸念を払拭するためのフローセルの交換や洗浄の簡便化
  • 従来のサイトメーターと同等の高い集光効果
  • 低コスト化

光学系の安定化は、シングルセルソートの簡便化にもつながります。
BD FACSseqTMセルソーターは、ストリームの流れを感知でき、ターゲット細胞を含む液滴のBreak off pointを安定させることができます。
また、液滴の形成状況はモニタリングされ、常に適正になるよう調整されています。
そのため、PCRプレートの各ウェルに1細胞ずつ的確にソーティングすることが可能です。

インデックス・ソーティング機能を有します。
インデックス・ソーティングとは、ソートした核細胞の解析データをフローサイトメーター上のデータと関連付けて解析することです。
これにより、研究者はウェル(例:96ウェルのPCRプレート)にソートされた細胞に関して対応するソーティングデータのレビューに戻れるようになっています。 すべてのソーティングされた細胞のデータとそれに対応するトレイのポジションに関する情報を含むFCSデータをエクスポートすることも可能です。
このBD FACSseqTMセルソーターの革新的な特徴により、BDTM Preicseアッセイから得られた遺伝子発現データを正確に追跡して特定の細胞の特徴を明らかにすることができます。


【仕様】

レーザー 蛍光色素 フィルター
405nm DAPI, TagBFP, BD Horizon Brilliant Violet 421 470/100
propidium iodied(PI), BD Horizon Brilliant Violet 650 660/52
BD Horizon Brilliant Violet 786 800/60

基本性能
蛍光検出感度 Pacific BlueTM:75MESF(Sphero Rainbow Calibration Particles測定時)
蛍光検出分解能 1.0μm
固定した血小板とノイズの分離が可能
サンプル解析速度 200,000イベント/秒
ソーティング
ノズル 100μm
サンプル分取速度 7,000cells/sec
ソーティング方法 1方向(1.5, 2.0mLマイクロチューブ), 8連PCRチューブ
PCRプレート(48, 96, 384ウェル), 平底プレート(48, 96, 384ウェル)
インデックスソーティング機能搭載
コレクションデバイス保温 冷却オプション※オプション
光学系
レーザー仕様 50mW 405nmレーザー
集光レンズ 全内部反射方式(Total Internal Reflection:TIR)
光検出システム 全内部反射方式で集光レンズを通過後、検出器へ導入
検出器 蛍光用:最大3個、散乱光用:各1個
流路系
タンク容量 シースタンク 3.8L、廃液タンク10L
動作概要 シース圧:15psi(シース圧自動調整)
交換可能部品 フローセル(ノズルアッセンブリを含む)
信号処理系
信号解像度 16Bit
蛍光補正回路 すべての蛍光検出器間で可能(12×12 Digital Compensation Matrix)
パルス処理 高さ(全パラメータ)、面積及び幅の測定が可能
時間パラメータ 全てのパラメータにおいて相関が可能
ソフトウェア BD FACSseqTMソフトウェア
設置寸法及び重量
標準仕様 幅69.3cm×奥行49cm×高さ47cm、重量49.9kg(フローサイトメーター本体)

カスタマーレビュー

Based on 2 reviews レビューを書く

関連商品