BRUKER timsTOF fleX質量分析装置

BRUKER

お見積商品 お見積商品 通常価格

世界最速のプロテオミクス機器と25年以上のMALDIの経験を組み合わせて

PASEF駆動のLC-MS / MSによる化合物の同定とラベルフリーの空間的位置を一致させて、サンプルの分子構成を解明します

ショットガンプロテオミクスの標準に基づいて構築されたtimsTOF fleXは、クラス最高の4D X-Omicsと、Brukerの最先端MALDIイメージングテクノロジーを組み合わせました。
SpatialOMxに最適なデュアルソース機器であるtimsTOF fleXは、堅牢なESI測定を実行し、1つのプラットフォームを使用して組織から直接広範囲の分子を空間的に分解します。
ひとつの機器でオミクスの最も高度な研究者が必要とする両方の機能へのアクセスを提供する機器はこれまでありませんでした。

ダウンタイム無しで4D OMICSから分子イメージングまで

SpatialOMxは、MALDI Imagingを使用して組織切片の分子イメージを取得する機能と組み合わせた高深度4D OMICS用のPASEF対応LC-MS / MSを要求します。
これを1つのプラットフォームで行うために、弊社のエンジニアは、受賞歴のあるTIMSデュアルステージイオンファンネルから始め、rapifleX 直行型TOF装置のターゲットステージとレーザー要素を組み込みました。
操作中、ソフトウェアによるSmartBeam 3Dレーザーのアクティベーションは、イオン源領域での唯一の変更です。
複雑な切り替えは、生産性の妥協をゼロにすることを意味し、世界クラスのOMICS解析および定量化ワークフローから組織切片の高解像度分子マップの作成に容易に移行して最も重要な情報を所得する機能を提供します。

MALDIとESIによって生成されたイオンは、ソースから検出器へ同じパスを移動するため、MALDIワークフローは、検出された分子の衝突断面積に基づくTIMSイオン移動度分離や高速高感度PASEFフラグメンテーションなどtimsTOF Proの最も高度な機能を利用できます。
チューニングとキャリブレーションはESIモードで実行でき、最適化をさらに容易しMALDI実験に使用できます。

MALDIイメージングによる組織からの直接分子プロファイリング

MALDI Imagingは、薄い組織切片から直接分子の分布を調べるためのラベルフリーツールです。
代謝物、脂質または糖鎖を含む広範囲の物質の検出に適用可能であり、顕微鏡ワークフローとシームレスに互換性があるため、MALDI ImagingはSpatialOMx分析の局在した固有の化合物分布を特定できます。
BrukerのIntelliSlidesを使用して、timsTOF flexで自動化されたMALDIイメージングおよびSpatialOMxワークフローが実行可能です。

本当に重要な物質を可視化するズームモード

SmartBeam 3Dレーザーソースは、高解像度の「トゥルーピクセル」MALDI画像を取得する機能に加えて、ブルカーの新しいズームモードテクノロジーにより、1mまでのターゲットをガイドするロックソリッドレーザーを提供します。
ユーザーは、関心のある生物学的特徴に応じて、より広い測定範囲に対応するために、レーザースポットサイズと間隔を柔軟に調整できるようになりました。

腫瘍は目に見かけ以上に複雑です

ガンの微小環境には、健康な細胞、腫瘍細胞、結合組織、血管、炎症の組み合わせが、さまざまな時点でさまざまな比率で含まれています。
これらの各コンポーネントには、化合物固有の分子シグネチャがあります。
疾患の状態を研究する研究者は、組織病理学の解釈に大きく依存し、生体分子の環境内でこれらのマップを作成することで、従来のOMICSと病気の理解の間のギャップを埋めます。

SpatialOMx-バイオマーカー発見の鍵

ガン細胞および他の疾患状態には、遺伝子発現カスケードに影響する重要な遺伝的およびエピジェネティック修飾があります。
プロテオーム、リピドーム、メタボロームのどれを見ていても、化合物の空間分布にはサンプルを理解するための貴重な情報が含まれています。
特定の化合物が高度に空間的に濃縮されている、または分子が特定の構造に共分布している場合、ホモジナイズされたサンプルのみを分析すると、これらの重要な情報は失われます。
オミクスベースのバイオマーカー探索には制限があり、組織レベルでの伝達ネットワークがガンの進行に必須であるという重要な関係性の手掛かりを得るのに必要な空間情報が得られません。

複雑な相互作用の独自のアトラスを作成します

複雑な分子ネットワークをマッピングすると、細胞内ネットワーク内で相互作用する分子の複雑なシステムが明らかになります。
SpatialOMxを使用してコミュニケーションメカニズムの洞察力に富んだアトラスを作成することは、変化をサポートするために細胞が相互に通信する方法についてさらに学習することを意味します:

  • 細胞が局所微小環境とどのように相互作用して促進および調停プロセスを策定するか
  • 特定の細胞の分子ネットワークがどのように相互作用して特定の生物学的機能を果たすか
  • これらのネットワーク内でエピジェネティックな変更がもたらす影響

timsTOF fleX空間メタボロミクス、空間リピドミクス、または空間プロテオミクスを簡単に切り替える柔軟性。

関連商品