HORIBA EMIA-Step 炭素・硫黄分析装置

HORIBA

お見積商品 お見積商品

製品名
炭素・硫黄分析装置
EMIA-Step
概算価格:¥14,000,000~


高周波誘導加熱方式「EMIA-Pro/Expert」シリーズに加え、管状電気抵抗加熱炉方式「EMIA-Step」もラインナップ。
高精度・高感度を実現、さらに加熱温度可変機能で、全量分析だけでなく、温度別・状態別に分離させて定量分析
することが可能です。


1.低温域からの温度コントロールを実現!
従来に比べ、低温領域での温度安定性を向上。
これにより、低温で分解・燃焼しやすい物質を含む試料への適用範囲が広がりました。

2.ダストフィルタを新規搭載、高精度・高感度分析を実現!
高周波誘導加熱方式モデルにて実績のあるダストフィルタ機構を採用。
燃焼により発生したダストは高温のうちにフィルタ部分へ集約され、燃焼炉以降の配管へのダストの付着を防ぐだけでなく、
ダストによるCO2・SO2 ガスの吸着も低減するため、高精度・高感度分析を実現します。

3.ユーザーサポート機能満載のソフトウェア
高周波誘導加熱方式モデルで好評のソフトウェアの採用により、ユーザサポート機能が充実!
・分析ナビ
 HORIBA社 の分析ノウハウから、測定試料にあわせた適切な分析条件提案・設定機能搭載
・トラブルシューティングナビ
 トラブル発生時、リカバリー方法の自動提案機能を搭載
・メンテナンスナビ
 動画を見ながら簡単にメンテナンス作業が可能


【特徴】

・サンプル挿入口自動開閉機構による分析作業の簡易化を実現
・2連燃焼管の採用により分析中にボートの空焼きも可能
・昇温機能による温度別分析、酸素加圧燃焼方式による高融点材料の分析が可能
・EMIA-Expert/Proシリーズで新規開発したユーザーサポート機能満載のソフトウェアを採用
・HORIBA社独自の加熱型ダストフィルタ機構により、ガスの吸着を防ぎ高精度・高感度測定を実現
試料 炭素認証値
%(m/m)
炭素測定値
%(m/m)
硫黄認証値
%(m/m)
硫黄測定値
%(m/m)
準拠規格
%(m/m)
助燃剤
鉄鋼 低濃度 0.0387 0.0386 JIS G 1211-3 Sn
0.0088 0.0087 JIS G 1211-4 Sn
JIS に則った鉄鋼中の炭素分析。
低濃度域では、波形分離法による内部炭素の分析が可能。
純銅 0.0013 JIS Z 2616
燃焼時にダストの発生がなく、硫黄を安定に分析可能。
タングステンカーバイド 6.15 6.16
燃焼時に助燃剤なしでも高精度に分析可能。
石炭 70.1 1.71 1.65 JIS M 8819
1350℃にて燃焼させ硫黄を定量分析する方法。
遊離炭素 1.24 1.2 JIS R 1616
850℃にて遊離炭素を燃焼させ、重量補正法により分析する方法。

【仕様】

項目 詳細
標準試料質量 1.00 ± 0.10g
最小読み取り 炭素・硫黄とも0.000001%(m/m)
測定範囲 炭素:0.0003 ~ 6.0%
硫黄:0.0004 ~ 1.0%
精度
(繰り返し性)
炭素:σn-≦ 0.00015%(m/m)またはRSD ≦ 0.75%
硫黄:σn-≦ 0.00020%(m/m)またはRSD ≦ 2.0%
設定温度範囲 0(室温) ~ 1450 ℃
外形寸法 燃焼部:W443×D725×H710 mm
計測部:W271×D725×H710 mm
装置質量 燃焼部: 約77kg、計測部: 約53kg
本体電源 200/220/240 V、5 kVA
※周辺機器を除く
キャリアガス 酸素:純度 99.5%、 供給圧力: 0.30~0.33 MPa
オペレーションガス 窒素:純度 99.5%、供給圧力: 0.35~038 Mpa
※標準の装置に限り、オペレーションガスとして水分および油分を除いた乾燥空気を使用可