イルミナ iSeq 100 シーケンスシステム

イルミナ

お見積商品 お見積商品

イルミナ史上最小、最もリーズナブルなシーケンスシステム
あらゆる研究室に迅速かつ効率的な次世代シーケンスを提供

迅速なデータ生成
・データ量を抑えた次世代シーケンス装置により短い所要時間で小規模プロジェクトを実行

ライブラリー品質評価と概念実証(Proof-of-Principle)試験に最適
・大規模プロジェクト前のライブラリー品質評価、パイロット研究の実施、またはグラント申請用データの生成

自分のスケジュールで自由に解析を実施
・これまで外注していたシーケンス過程を初めから終わりまでコントロールすることで、自分のスケジュールで自由に解析を実施

高い解析感度と非常に優れたデータ精度
・qPCR や Sanger シーケンスと比べ、低頻度のバリアントおよび転写産物の検出を高感度で実施

【特徴】

迅速なライブラリー調製
iSeq 100 システムは、イルミナライブラリー調製キットで調製したライブラリー全てに対応しています。
イルミナライブラリー調製キットには最少 1ng のDNAまたはRNA(cDNA)インプット量からライブラリー調製ができるキットや
保存されていた腫瘍組織などのホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)サンプルから抽出した DNA でも使える
柔軟性を持ったキットもあります。
iSeq 100 システムは全イルミナライブラリー調製キットに対応しており、
これにより他の全てのイルミナ装置とも互換性があります。

iSeq 100 システムでのシーケンス
調製後、ライブラリーは予め試薬が充填された iSeq 100 システム用カートリッジにロードされます。
試薬が既に充填されているカートリッジを用いるため iSeq 100 システムでのランは
試薬の融解、ロード、ランスタート
という簡単な操作で、(合計ハンズオン時間)5分で開始できます。
iSeq 100 システムでは、ライブラリーの変性ステップ、クローナル増幅、シーケンスおよびデータ解析を
一つの装置に統合しているため、補助的な装置の購入は必要ありません。
直感的なユーザーインターフェースで、ラン設定およびラン開始プロセスの全ステップにガイダンスを提供しており、
ユーザートレーニングとセットアップに時間を割かずにさまざまなシーケンスアプリケーションを実施できます。

簡単で柔軟なデータ解析
iSeq 100 システムはさまざまなデータ解析オプションがあり、装置搭載型とクラウド型のデータ解析があります。

Local RunManager ソフトウェアは装置搭載型の解析ソフトウェアです。
モジュール構造となっているため、現在だけでなく将来的なアッセイをサポートすることが可能です。
このソフトウェアはシーケンスランの設定、記録追跡機能によるライブラリーとランのトラッキングだけでなく
搭載したデータ解析モジュールによるデータ解析までサポートします。
Local Run Manager が装置のコンピューター上で稼働している間、同じネットワーク内部の別のコンピューターから
ユーザーはランの経過、および解析結果を閲覧することができます。
シーケンスランの完了後、Local Run Manager はアプリケーションごとの解析モジュールを使って自動的にデータ解析を開始します。
各モジュールはデータのアライメント、一塩基多型(SNV)、構造多型の同定、発現解析、small RNA 解析などを行えます。
また、シーケンスデータは、イルミナのゲノムコンピューティング環境である BaseSpace Sequence Hub に随時転送され、
解析、保存が可能です。
業界標準のデータフォーマットを採用しているため、サードパーティの開発者が開発した商用およびオープンソースのアプリが
BaseSpace Sequence Hub内で提供されており、さらなる下流データ解析に利用できる豊富なエコシステムを構築しています。

幅広いアプリケーションをサポートする多目的性
1.2 Gb の最大出力によって、iSeq 100 システムは次のような幅広いアプリケーションに対して
迅速なマルチプレクスシーケンスを提供します。
・小さなゲノムの生物種の全ゲノムシーケンス
・ターゲットリシーケンス
 AmpliSeq for Illumina によるターゲットリシーケンス
 ロングレンジ PCR
・De novo シーケンス
・遺伝子編集のバリデーション
・メタゲノム(16S rRNA シーケンス)
・ターゲット mRNA シーケンス
・Small RNA シーケンス
・Multiple genome assessment
・ヒト白血球抗原(HLA)のシーケンスベースのタイピング

【仕様】

パラメーター 仕様
装置の構成 試薬消耗品トラッキング用の RFID 機能搭載
装置コントロール
コンピューター(内蔵)
ベースユニット:Celeron J1900、2 GHz、
Quad Core CPU
メモリー:8 GB RAM
ハードドライブ:240 GB SSD
オペレーティングシステム Windows 10
※時期により変更あり
動作環境 温度 15℃~ 30℃(22.5℃± 7.5℃) 
湿度:20 ~ 80%、結露なきこと 
高度:2000 m(6500 ft)以下 
空気質:汚染度評価 II
換気:最大 2048 BTU/ 時 @600 W
※室内で使用のこと
発光ダイオード(LED) 520 nm
イメージパネルで 1.5 W/cm2
寸法 W30.5×D33× H42.5 cm
重量:16 kg
梱包重量:21 kg
所要電源 90 ~ 264 VAC、47 ~ 63 Hz 80 W
無線自動識別装置(RFID) 周波数:13.56 MHz
電源:供給電流 120 mA、RF 出力 200 mW
製品安全性および準拠 NRTL 認証
IEC 61010-1
FCC/IC 認証

iSeq 100 システム例とラン構成例
アプリケーション サンプル数 / ラン ラン時間
全ゲノムシーケンス(ゲノムサイズの小さい生物)
5 ~ 10 Mb ゲノム
30 ×カバレッジ 2 × 150 bp
1 ~ 8 17.5 時間
ターゲット遺伝子発現プロファイリング
~ 500 ターゲット
1 × 50 bp
1 ~ 48 9 時間
ターゲットアンプリコンシーケンス
~ 3000 アンプリコン
2 × 150 bp
1 ~ 48 17.5 時間