パーキンエルマーOperetta CLS ハイコンテントアナリシス

パーキンエルマー

お見積商品

【概要】

  • イメージングに最適化されたパーキンエルマー開発ハイパワー LED 光源と 高感度 sCMOS で、高感度撮影を可能に。
  • Opera の水浸対物レンズを継承 高開口数レンズで、より解像度の高い画像を取得。
  • リニアステージ搭載で、より高速に、より高精度に画像取得。
  • 卓越したユーザーエクスペリエンスを提供する Harmony ソフトウェアを採用 直感的で、わかりやすく使いやすく。

【特徴】

ラージフォーマット sCMOS カメラ
 高感度ラージフォーマット sCMOS カメラを搭載し、一度に広い視野が、高感度画像として撮像可能です。
ハイパワー LED 光
 イメージングに最適化された自社開発ハイパワー LED により、 露光時間の短縮や微弱シグナルの検出も可能になりました。
高速リニアステージ搭載
 視野間・ウェル間の移動を高速化し、総撮影時間の大幅な 短縮を実現します。タイムラプス撮影では高い再現性で 同一視野を繰り返し撮影します。
スピニングディスク共焦点
 ハイパワー LED 光源との組み合わせにより、3 次元サンプルの イメージング解析に威力を発揮します。
水浸レンズ
 ノイズを低減する高開口数の水浸レンズを採用し、S/N 比が改善しました。画質が向上し、高画質・高感度なイメージングの実現を達成しました。
環境コントロールユニット
 温度と CO2 を至適条件に制御することにより、ライブセルイメージングに対応します。

●プレ・インストールされた画像解析アプリケーション

・細胞数のカウント
・細胞周期のクラス分け
・細胞の形態解析 細胞トラッキング:細胞分裂
・細胞トラッキング:移動度
・細胞周期解析 コロニー形成
・細胞質マーカーの定量 Method 1
・細胞質マーカーの定量 Method 2
・トランスロケーション(細胞質から細胞膜)
・トランスロケーション(細胞質から核)
・細胞毒性 Method 1
・ES 細胞のコロニー解析
・脂肪滴の定量 細胞の生死判定 Method 1
・細胞の生死判定 Method 2
・小核試験
・スフェロイド解析(明視野)
・スフェロイド解析(蛍光)
・マイグレーション(スクラッチ法)
・マイグレーション(スタンプ法)
・神経突起解析(細胞体あり)
・神経突起解析(細胞体なし)
・核解析
・核のクラス分け
・核のフラグメンテーション解析
・細胞密度の測定
・フェノタイプのクラス分け
・核内マーカーの定量
・受容体インターナリゼーション Method 1
・受容体インターナリゼーション Method 2
・顆粒の解析
・アポトーシス解析
・ミトコンドリアのクラス分け
・解析のカスタマイズ

【仕様】

サイズ W940×D650×H450mm
検出器 16bit sCMOSカメラ(2160×2160pixel)
光源 標準蛍光用LED(365,475,550,630nm)
拡張蛍光用LED(405,440,510,660nm)
可視光用LED
標準仕様 最大対物レンズ搭載数:6本
対物レンズ:20倍
画像解析ワークステーション
モニター
解析ソフトウェアHarmony
オプション ドライ対物レンズ:1.25倍、5倍、10倍、40倍
水浸対物レンズ:20倍、40倍、60倍
共焦点ユニット(スピニングディスク方式)
環境(温度・CO2)コントロールユニット
オートメーション接続

※詳しくはお問い合わせ下さい。

関連商品