ロシュ LightCycler480 SystemⅡ リアルタイムPCR

ロシュ

お見積商品 お見積商品 通常価格

品名
リアルタイムPCR装置
LightCycler 480 System II
概算価格:¥6,800,000

迅速,ハイスループットな最上級性能のリアルタイム定量PCR装置

LightCycler 480システム IIは、多機能なリアルタイムPCR機器で、リアルタイムPCRのあらゆるニーズに対応できる。
ロボット制御環境下の全自動ハイスループットソリューションに組み込むことも可能。
この新しいLightCycler システムはシングルあるいはマルチプレックスPCRアプリケーションのための、優れたハイスループットのPCRプラットフォーム。

※この機器は一般的な研究室での使用にデザインされており、診断での使用は意図されていません。

●利点
  • スピードと正確性の両立
    • Therma-baseによる優れた熱伝導率(約100,000w/m℃)
    • 熱伝導に優れたシルバーブロックを採用(Therma-baseとの組み合わせでSYBR Greenアッセイ50分以内実現)
    • 巨大なクーリングエレメント採用し、高速冷却が可能
  • 独自検出システムにより、ROX補正は不要
  • 励起5波長、検出6波長と多彩なプローブフォーマット(SYBR Green I、加水分解プローブ、HybProbeプローブ)と、蛍光色素(HEX、FAM、Cy5、LightCycler Red 610、LightCycler Red 640)での高い柔軟性を持ち、マルチプレックス蛍光検出に最適
  • モジュラー仕様(96wellおよび384wellブロックブロックキットや各種ソフトウェアモジュール)で、ブロック交換が非常に簡単
  • 自動化が容易で、LIMS (Laboratory Information Management Systems)との接続ツールもオプションでご用意。
【製品の記述】

2005 年、革新的なテクノロジーを搭載したLightCycler 480 System によって、迅速で正確なリアルタイムPCRという、新しいスタンダードの道を開いた。
この先進的なテクノロジーをさらに進化させたLightCycler 480 System II の、精巧にデザインされたサーマルブロック、光学システムおよびソフトウェアにより、至高の高感度、正確性、再現性を実現。

LightCycler 480 Systemは、サーマルブロックと冷却エレメントの間に高効率の熱均一化技術(Therma-Base)を導入する事で温度制御に革命をもたらした。
LightCycler 480 System II では、プレートマウント部に熱抵抗の少ない銀を材質として用いることでさらに高い温度均一性を実現した。
この画期的な温度制御により、非常に迅速なPCRプロトコールでも、アッセイフォーマットやアプリケーションに関係なく、非常に均一性の高い優れたデータが得られる。

LightCycler 480 System IIの多くの構成要素はモジュール構造を継承し、引き続き高い柔軟性をご提供する。
お客様自身でサーマルブロックが容易に交換でき、様々な光学フィルターの組み合わせができ、必要なソフトウェアを自由に選択することができる

強力なオプションソフトウェアにより、コンピュータ制御環境や自動化ワークフローへのシームレスな統合を可能する。
標準で、21 CFR Part 11に対応したトレーサブルデータベースと自由な操作が実現できるリサーチデータベースから目的に合わせて選択することが可能になった。
LightCycler 480 System II は、多機能な機器やソフトウエアだけでなく、高性能な試薬やカスタマイズqPCR アッセイ(Universal ProbeLibrary システム)および専用にデザインされた消耗品などから形成されている。

この革新的なシステムは、遺伝子の定性検出、遺伝子発現解析および遺伝子変異解析に求められる厳しいニーズをすべて満たす。
さらに、あらゆる用途に対応できる高い汎用性は、ゲノム研究における今後の新しい技術にも適応可能。

LightCycler 480サーマルブロックのキーポイント

  • アッセイフォーマットやアプリケーションに関係なく、Fast PCR プロトコールを実行可能
    (384ウェルプレートの場合40サイクルを40分以内で実施)。
  • 特許技術であるTherma-Baseとシルバーブロックの組み合わせで、迅速で正確な温度制御が可能。
  • 非常に優れたウェル間の温度均質性
    (最大ウェル間差0.4℃以下、低濃度(100コピー)の定量アッセイでもCq値のウェル間差が0.2サイクル以内)
  • Ramping時にも厳密な温度制御により、再現性の高いPCRが可能
    (例:具体的に何℃/sの設定が可能)

LightCycler 480 System IIが選ばれる理由

  • 独自のシルバーサーマルブロック技術を用いた、ウェル間差の無いデータの優れた均一性。
  • 容易に交換可能な96および384ウェルサーマルブロックユニット。
  • アッセイ時間の大幅な短縮(384-ウェルフォーマット、40サイクル:<40分)
  • 正確なデータ収集のための進化した高性能光学システム。
  • 多くの蛍光色素および検出フォーマットに対応する高い柔軟性。
  • 時間のかかるメンテナンスやキャリブレーションがいらないメンテナンスフリーシステム。
  • 高度なデータ解析機能のための卓越したソフトウェア・アルゴリズム。
  • さらに進化した直観的に使い易いソフトウェアインターフェース。
  • エンドポイント法や融解曲線など最も多機能な変異解析ツール。
  • 機器に最適化された試薬および消耗品による優れたPCRデータ。
  • 蛍光データ取得により適したホワイトプレート、溶液や気泡の有無の確認に適したクリアプレートの選択が可能。
  • 専用アダプタプレートを用いる事で、8連チューブストリップも使用可能。
  • Hybprobeや高解像度融解曲線分析に基づいたエンドポイントジェノタイピング。
  • ウェットバリデート済の発現定量アッセイRealTime readyカスタムパネルとシングルアッセイが利用可能。
  • 新しいサンプルエディターでの簡単で迅速なアッセイセットアップ。
  • ベーシックからアドバンスまでの幅広い遺伝子変異解析と遺伝子発現解析が可能。
  • 自動化されたハイスループットワークフローへの組み込みが可能。
  • 最先端のLIMSへ接続可能。
  • 21 CFR part 11 に対応したデータ保護システム。
  • 優れた顧客サポートおよび機器サポート。
【仕様】
ハードウェアのサイズと重量
(PCを除く)
サイズW 60cm×D 60cm×H 54.5cm
重量約55kg
コンピュータ Pentium PC(Windows 7)
サンプル数 96あるいは384/ラン
反応容器 96ウェルプレート、
384ウェルプレート
反応液量 96ウェル:10μL~100μL
384ウェル:5μL~20μL
蛍光の励起 超高輝度白色LEDランプ、
390-710nm
励起フィルター 5波長:440、465、498、533、618nm
検出チャンネル 冷却モノクロCCDカメラ
(ROX補正、定期キャリブレーション不要)
検出フィルター 6波長:488、510、580、610、640、660nm
測定モード リアルタイム、オンライン
(ラン中連続表示)
温度制御 ペルチェ素子/Thaerma-Base方式による加熱/冷却
ラン時間 40分以内(384ウェルプレート)

関連商品